足場工事

次世代足場とは

くさび足場の『施工性・柔軟性』と、枠足場の『強度・安全性』を併せ持った新しい足場です。

次世代足場はくさび足場同様に細かいパーツに分かれていて、それらを組み合わせ足場を組み上げていく造りとなっています。

見た目もくさび足場に近く、一見してくさび足場との違いはわかりにくいかもしれません。

くさび足場との大きな違いとしては、抜け止め機構がついていることで安全性が増し、大組大払が可能です。

これにより、次世代足場はくさび足場に近い仕組みでありながら、くさび足場と比べより高層現場に強くなっています。

高層現場は枠足場で施工される事が多いですが、近年では枠足場以外での施工も可能です。

次世代足場の基本構造はくさび足場に準拠しているため、施工効率において枠足場を上回っているということです。

次世代足場は従来は枠足場でなければ難したかった高さに、枠足場よりも優れた施工効率で足場を組むことが出来ます。

これが次世代足場の一番の強みです。

くさび足場の『施工性・柔軟性』と、枠足場の『強度・安全性』この2つを併せ持った足場が次世代足場です。

ポケット緊結タイプの新しい次世代足場『SPS』

枠組足場を上回る作業効率と経済性を兼ね備えた次世代足場「SPS」ポケットタイプの3面支持構造での緊結だから揺れにくく、安定した高い強度を確保しました。

特筆すべきは、樹脂ハンマーでの施工が可能となり、また従来のクサビ式足場と比べて部材の打ち込み回数を減らせることから、圧倒的な施工の静音性と作業員の負担軽減を実現。

ポケット緊結タイプの新しい次世代足場
次世代足場施工事例はこちらから

クサビ式足場とは

幅広く活躍

木造住宅など低層建築物から中層のビルまで、建設や塗装工事に使われます。

また、建築用足場の用途だけではなく、イベント用の仮設ステージや仮設スタンドなど様々に活用されています。

施工がスピーディー

各部材に凸金具または凹金具が備えられています。

その金具どうしをハンマー1本で打ち込むだけの簡単な構造です。

従来のクランプ式に比べ、作業時間の削減になります。

高い安全性

建設工事における仮設設備の安全を追及する仮設工業会の認定を受けています。

ジョイント部の強度については、認定基準の2倍以上の強度が証明されています。

くさび式足場シンワキャッチャーの特徴

  • クサビ取付部の補強キャップを手ハンマーで打ち込むだけの、とても簡単な構造。
  • 施工時の組み立て時間が大幅に短縮。
  • 表面処理は溶融亜鉛メッキのため、防錆能力が高い。
  • 組み立て・解体も2人の作業員でOK!従来の施工に比べて経費の節減に大きく貢献。
  • 同じ部材で中高層層建築物まで幅広く活用可能。
クサビ式足場施工事例はこちらから

枠組足場とは

基本部材を組み合わせ、組み上げる仮設足場のことです。

枠組足場とは、建枠・ジャッキベース・交差筋違(ブレース)・鋼製布板・階段枠・梁枠・壁つなぎ・手すり等の基本部材を組み合わせ、組み上げる仮設足場のことです。

主に建設現場のビルの外壁面に沿って設置されます。

一体形成された建枠にブレース・布板を組み合わせることで、安全性の高い足場を組むことが可能です。

高層ビルなどにも広く利用されています。

枠組足場施工事例はこちらから

足場作業用簡易リフトランディングボックス

荷揚げ作業を機械化 安心・安全な作業環境を構築

安全性の向上

ランディングボックスはレールパイプに沿い搬器が昇降するため、足場部材の接触による落下がありません。また、確実に自動作動するブレーキシステムを備え、万一のチェーン切れにも安全性を発揮します。

  • 搬器に収容して荷揚げするため安全性が高い
  • 元請からの信頼性もアップ(O林 A技建にも好評)

資格・届出不要

ランディングボックスは吊り上げ重量が250kg未満の簡易リフトですので、その使用においての資格、設置においての届け出は不要です。(玉掛け、巻上機特別修了 推奨)

  • 足場作業用簡易リフト ランディングボックス
  • 足場作業用簡易リフト ランディングボックス
  • 足場作業用簡易リフト ランディングボックス
  • 足場作業用簡易リフト ランディングボックス